生 フォアグラ の調理

フォアグラ ポワレ、フォアグラ テリーヌ、フォアグラ レシピ、作り方

1.フォアグラのポワレ

フランス語で「poêlé 」(ポワレ)はフライパンで焼くという意味です。では、フォアグラの房そのものではなく、スライス(エスカロップも言います)をステーキ見たいで調理します。

グルメ・ジャポン 生 フォアグラ の調理 -
生フォアグラのエスカロップ

フォアグラのエスカロップ(スライス)、フランス産 「FOIE GRAS ESPINET」の厳選 鴨フォアグラを使いましょう。

~ 作り方 ~

  1. まず、オーブンがあれば(電子レンジではない)、180℃ぐらい温める
  2. フォアグラのエスカロップは凍ったまま、温めたフライパンで、両面丁寧に焼きます(*)。およそ1面ずつ30秒から1分
    (*) それはポイントです:火が強すぎると脂が出すぎ、弱めすぎると綺麗な焼き色がでません!
  3. 塩、故障をたっぷりかけましょう
  4. 温めたオーブンに入れます、2~3分加熱します(温度は真ん中まで上げるため)
    オーブンが無ければ、も少しフライパンで(弱め火で)焼きます
  5. フォアグラを器に盛り、お好みのソースをかけて完成です!(*)
    (*) 私はソース無しで、山椒と一番好きです!

レストランでの主なメニューとしては、フォアグラポワレ:エスカロップとスース、時にリンゴなどのレシピになりますが、ペリゴールの地元の人はパスタの上に乗せる。私が好きな組み合わせ:モリーユ茸(Morilles・アミガサ茸)パスタとフォアグラ。鴨と言えば、マグレ(鴨肉のロスト)とフォアグラ ポワレの愛情は当たり前よね~

フランス産 乾燥 モリーユ茸(Morilles・アミガサ茸)BORDE 25g
モリーユ茸
(生) マグレ ド カナール(鴨 胸肉)~450g 「IGP」Maison Espinet
マグレ ド カナール

是非お試しください!