グルメの世界

原産地 保証 IGP について

フランス南西部産 鴨肉 原産地 地理的表示 保護

20年前、ペリゴール地方で加工された鴨とガチョウ フォアグラの多くは、海外や他の生産地から来ていて、依然としてその地域の欺瞞であったペリゴールの名称で売られていました。良く消費者が騙されていました。

Logo IGP
IGPのロゴ

ペリゴールの「I.G.P」ラベル

地元の生産者が製品の品質を守り、地理的な原点と品質が保証された完全な透明性を持つフォアグラを選ぶことを可能にすることから生まれました。
一般的に「Indication Géographique Protégée(保護指定地域表示)」は欧州連合で定めた農産物および食品に対しての商標です。産地を認定し、品質等を保証する認定制度である。
フォアグラの伝統的な方法での鴨養殖の正確なルールを詳述し、それらを缶詰めするという厳しい仕様が定められています。 同じように、不可能な衛生基準が確立され、独立した組織による多くの統制が実施されている。 すべては、フォアグラの愛好家の信頼を得るために設定されています。

鴨肉 の専用 原産地 保証:「 Canard à foie gras du Sud-Ouest 」 ( IGP, 英語: PGI )

フランス南西部産 鴨肉 原産地 地理的表示 保護
フランス南西部 原産地 保護 のロゴ

フランス南西部産の鴨肉の原産地保護は欧州連合(EU)で正式に定められる。当店ではの商品は「 Canard à foie gras du Sud-Ouest 」の IGP が付いていますので、真正のテリーヌとリエットを提供します。ご安心下さい!

IGPを取得条件について

動物の飼育:

  1. 家禽の種類:Mulard と Barbarie の 鴨のみ
  2. 繁殖:同じ地方の穀物のみ(肥大の時期には主にトウモロコシ)
  3. 自由に牧場を利用可能

ご参考までに、
地理的表示保護(英語:Protected geographical indication、略称PGI) は、ある商品の品質や評価が、その地理的原産地に由来する場合に、その商品の原産地を特定する表示である。条約や法令により、知的財産権のひとつとして保護される。 」(Wikipedia)

EUの法律で正式に記載されています:

フランス南西部産 鴨肉 原産地 保証

参考:フランス政府 原産地 保証 (Google Translateをご利用下さい)

コメントを残す